2012年11月12日

あごの痛み・顎関節症

ago4.png

顎関節症って何??

顎関節症の代表的な症状は、

・あごが痛む(顎関節痛)
・口が開かない(開口障害)
・あごを動かすと音がする(顎関節雑音)

の3つで、このうち一つ以上の症状があり、
他の疾患がない病態を「顎関節症」と言います。
顎関節症が慢性化するとアゴだけでなく全身に症状を出すようになり、
肩こりや頭痛などを併発します。

-顎関節症の原因-

●顎関節の間にある関節円板に障害がある。
 ※関節円板の何らかの問題で炎症反応を起き、関節や筋肉の痛みとなる。
●歯ぎしりやくいしばりの癖がある。
 ※ストレスがあると歯を食いしばることが癖になりやすい。
●頬杖など顎に力がかかる癖がある。
 ※頬杖をつくことでアゴがずれる原因になる。

 また近年、顎関節症の患者様が増えている理由としては、食生活の変化に伴いアゴの発育が悪い人が多くなったことが考えられます。
 歯科や口腔外科などでマウスピースや外科的手術を受ける方もいるようですが、治療を受けても治らなかったという方も多くおられます。

-ブルームカイロプラクティックでは-
 当院では投薬や手術を使わず手技で丁寧に改善していきます。
 顎関節は複雑な関節で、首と連動して動きます。
 顎関節症だからアゴの周囲だけが悪い訳ではなく、身体のどこが一部歪んでいたとしても、アゴに加わる影響は非常に大きくなってきます。
 実際のところ、噛み合わせを治しても首が悪いと顎関節の痛みが取れないこともが多く、からだ全体のバランスを改善した方が治りが早いです。
 顎関節は、話す時、食べる時に必ず使うので、人体の中で最も多く使う関節だと言われています。
 つまり、アゴに痛みがあると生活への影響が大きく出ますし、クセにもなりやすいのです。
 まずは一度ブルームカイロプラクティックにご相談ください。


顎関節症の症例
27歳 女性 郵便局員

-問診-
今朝起きたら突然顎が開かなくなっていたと訴え来院。
顎が開かなくなる数日前にサンドウィッチを食べようとして大きく口を開けたところ、右の顎から「ポキッ」という音がして若干痛みが走った。
しかしその痛みはすぐになくなり、そのまま食べ続ける事が出来たので気にすることはなかった。
その後も数日間は全く問題がなかったが、今朝朝食を食べようとしたら口がほとんど開かなくなってしまっていることに気付いた。
今はほとんど口を開ける事ができない状態で、朝食も食べれなかった。
開けるときだけでなく、咬む時も痛い。
普段テレビを見る時、横になって頬杖をついて見ている。

-検査-
・指一本分しか口が開かない。
・噛みしめると右あごに強い痛みが出る。
・下顎を突き出す動きでも痛みを感じる。
・左を向いて口を開けると痛みが弱まる。
・首をサポートした状態だと噛みしめても痛みがあまり出ない。

-原因-
 今回のアゴの痛みは、数日前にアゴの関節を痛めたことがきっかけとなり、アゴの開閉に関わる筋肉が異常に緊張していることが原因です。
 また、首のポディションによってアゴの痛みが変化していますので、頚椎のズレも大きく関連しています。
 そして、痛みの強さや検査結果をふまえると顎関節内で炎症が起きていると考えられました。
 その他、普段の生活で頬杖をついてテレビを見ていることも症状を悪化させた原因のひとつです。

-経過-
 検査によって顎をかみしめる時に使う咬筋と側頭筋、口を閉じる時に使う内側翼突筋、下顎を前に突き出す時に使う外側翼突筋が異常な緊張状態にあることが確認されたので、これらの筋肉の緊張を緩めていきました。
 アゴの開閉に関わる筋肉は解剖学的に触れることが難しい筋肉もあるので、直接触れるのではなく特殊なテクニックを使って施術していきます。
 筋肉の調整によって口が指2本ほど開くぐらいまで回復しました。
 そして次に頚椎の矯正を行いました。その結果、一回目の施術で7割ほど改善し、指が3本入るまで開くようになりました。
 その後、二日に一回のペースで三回来院して頂き、全く痛みがなくなりました。

-コメント-
アゴに痛みがあると食欲がなくなり、気分もうつ状態になります。
クセになる前に適切な施術を受け、早めに改善しましょう。
アゴの関節は複雑な動きをしますので、下手な施術を受けると悪化する可能性もあります。
当院はWHO基準を満たした正統なカイロプラクティック治療院ですので安心してご来院ください。


posted by bloom-chiro at 13:53| Comment(0) | 健康情報