2012年10月27日

産前産後のマタニティケア

22619_419953821392770_2116264735_n.jpg

ブルームカイロプラクティックは、産前産後のママさんを応援しています。

「妊娠中・産後の腰痛や股関節痛、恥骨痛をなんとかしたいけど、どこに行っていいか分からない!」
「妊婦だからこそ癒されたい!」
「産後の骨盤矯正をして体型を戻したい!」

 こういった想いを抱いている方が多くいらっしゃることと思います。
 また、自覚症状は現れないとしても、出産に伴う骨盤への影響は非常に大きく、産前産後に骨盤の状態を整えておくことで、その後の骨盤に関するトラブルを軽減する事ができます。
 当院では妊娠中や産後間もない方もカイロプラクティックをお受けいただけますので、お気軽にお問い合わせください。
「妊娠中や子育ては負担がかかるから仕方がない」ではなく、カイロプラクティックを通して、快適な妊娠生活を過ごして頂き、充実した子育てを行って頂けたらと思っております。

妊娠中のケア

 妊娠して、お腹が大きくなるにつれて、腹筋の筋力が衰え、腰を反るような形で重心のバランスを後ろに取ろうとします。そして、股関節は外に開き(ガニ股になり)、足のアーチ(土踏まず)はなくなり、かかと重心になります。
 また、体内のホルモンバランスにも変化がおき、自律神経のバランスも崩しやすくなります。
 上記のような急激な身体の重心の変化やホルモンバランスの変化により、妊婦さんは肩こり、腰痛、背部痛、股関節痛、膝関節痛など様々な症状に苦しむ方が多く、そんな妊婦さんにとってカイロプラクティックは非常に有効です。
 当院の施術は、とてもソフトで、妊婦さん、そしてお腹の赤ちゃんに負担をかけずに施術できますし、うつぶせにならずに治療できるので、妊娠中でも安心して受けていただけます。また、薬を使わないので副作用の心配もありません。

産後のケア

 出産後は腹筋の筋力低下や骨盤周囲の靭帯の不安定性などが原因で、骨盤のゆがみや機能低下が起きることが多く、姿勢が悪くなったり、歩き方が変になってしまったり、骨盤の開きが治らない、腰が痛いといった訴えが特に多いです。
 また、出産後の骨盤は、開いた状態からゆっくり締まっていきますが、ズレた状態で締まっていきますと、体型が変わったり、歩行時に違和感が出たりすることもあります。
 逆に言うと、この時期に適切な施術を行うことで、いままでにあった腰痛などの不調が改善され、新しいカラダを取り入れるチャンスでもあります。
 骨盤を正しい状態にすることで、腰痛や肩こりの改善・予防が期待できますので、産後のカイロプラクティックケアをオススメします。当院では、産後のお体に適したストレッチやエクササイズ、骨盤ベルトの正しい付け方なども指導していきます。
 出産という大仕事を終え、息つく間もなく子育てが始まります。子育てが忙しく、症状が悪化、慢性化した状態でご来院されるケースもありますので、ご家族にご協力頂いて、出来るだけ早めのお身体のメンテナンスをお勧めいたします。
 ベビーカーでのご来院も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F
福岡市博多駅前の整体院
ブルームカイロプラクティック
http://bloom-chiro.com/
posted by bloom-chiro at 08:14| Comment(0) | カイロプラクティック関連

2012年10月26日

パソコン疲れ・スマホ疲れ・VDT症候群について

528583_409365375784948_1169106999_n.jpg

VDT症候群って何??
 パソコンに代表されるVDT(Visual Display Terminal)は、情報端末のことで、携帯電話やポータブルゲームなどもこれに含まれます。
 VDT症候群とは、いわゆるパソコンワークによる健康トラブルの総称です。仕事でパソコンや携帯情報端末などを使うことで、8割近くの人が身体的・精神的疲労を感じていることが厚生労働省の調査で分かっています。
 同じ姿勢で端末を見つめ続ける作業を強いられることにより、目の疲れ、首や肩の痛み、頭痛や不眠、うつ病など症状は幅広く、なかには長期休養を余儀なくされるケースもあります。

-主な症状-
■ 眼症状
眼の疲れ、痛み、充血、かすみ、乾き、視力低下など
■ 運動器症状
肩こり、首のこり、首・肩・腕の痛みやだるさ、手指のしびれ、腰の痛みなど
■ 精神神経症状
頭痛、不眠、無気力、疲労感、食欲不振、イライラ、抑うつ症状など


-VDT症候群のメカニズム-
 目・肩・腰などへの負担が大きいであるパソコン作業は、長時間同じ座ったままの姿勢で、モニター画面を注視し、キーボードやマウスを操作する拘束的な作業です。
 その結果、眼や上半身の疲労を招きやすくなってしまいます。たとえば、目の長時間の酷使により、眼精疲労やドライアイが関係することがあります。キーボードのタイピングにより、腕や手首の痛みや手指のしびれが起こります。椅子に長時間座ったままでいると、腰痛などの要因にもなりえます。
 また、操作をしながら、情報処理スピードや高度な判断を要求されるので、精神的な疲労も招きやすくなります。
 それらの疲れや不快感を病気や損傷に発展させないために、適切なVDT作業方法を知り、作業環境を作っていくことが大切です。

-予防方法-
VDT症候群を防ぐためには長時間のパソコン作業を避けることと、作業環境を整えることが大切です。
さっそくご自身の作業スタイルを見直してみてください。

●1時間作業したら10〜15分休憩をとるようにしましょう。
 その際、体を軽く動かしたり、遠くを眺めるなど、リフレッシュを。

●ディスプレイの明るさは室内と同じくらいに調整しましょう。
 位置は目よりやや下の位置にして、意識的にまばたきをしましょう。

●キーボードを置くデスクは奥行きのあるものにしましょう。
 作業時に腕が浮くようなものは肩こりの原因になります。

●椅子は深く腰かけられ、背もたれ部分が十分なものがよいです。
 高さは、足裏全体が床につくくらいがベストです。



このほかマウスやソフトウェア、キーボード、テンキー入力機器なども、作業しやすいように整えることが大切になってきます。

-ブルームカイロプラクティックでは-
 当院では、このパソコン作業による症状に対して、肩こりや腰痛などの身体症状に対する施術はもちろん、仕事環境(パソコンやディスプレイの位置など)への具体的なアドバイスを行っております。
 仕事ですので、労働時間の変更は難しいかもしれませんが、作業環境を工夫するだけでかなりの負担を減らすことができ、症状の誘発を防ぐことができます。
 また、カイロプラクティック治療による姿勢改善や座ってできるストレッチやエクササイズ指導も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

パソコン疲れによる肩こりの症例
42歳 女性 事務員

-問診-
パソコン作業での疲労と肩こり・頭痛・目の疲れを訴え来院。
この症状は子供が小学生になったことを機に一年前から仕事を再開してから発症。
もともと肩こり持ちだったが、頭痛になることはあまりなかった。
仕事が休みの日はあまり肩こりを感じない。
一日中パソコン作業をしているので、そのせいだと思う。
残業をした日は立ちくらみを起こしたこともある。
パソコンはデスクトップのパソコンを使用しており、キーボードやマウスは遠い位置に置いている。

-検査-
・首周り、肩周りの筋肉の緊張が強い
・側頭部の筋肉の緊張が強い
・アゴを閉じる筋肉の緊張が強い
・猫背姿勢になり、頭が前に突き出ている

-原因-
今回はパソコン作業での疲労が原因で、症状が出ていました。
男女関係なくデスクワークの方にとても多くみられる症状です。
このような症状の場合、筋肉や関節への施術でかなり楽になります。
また、パソコンの位置などの仕事環境を工夫することで再発防止をすることができます。

-経過-
 施術としては、背骨や骨盤の矯正、緊張している筋肉への緩和操作を主に行いました。その結果、重い石が取れたようで体が軽くなったとのことでした。
 また、パソコン・マウスの位置を近づけること、椅子の高さを合わせること、足を組まないことなどアドバイスを行いました。
 二回目の施術の際には、アドバイス通り環境を変えたことで疲れの溜まり方が随分軽くなったとのことでした。そして、前回と同様の施術を行い、椅子に座った状態でもできるストレッチとエクササイズを教えました。
 今は、月に一回程度の頻度で仕事の疲れを取りに来院され、周りから姿勢が良くなったと言われるほど背筋が伸びるようになり自分でも驚いているとのことでした。

-コメント-
 デスクワークは、ずっと同じ姿勢での作業ですので疲労がどうしても溜まりやすいです。ですので、カイロプラクティック治療と並行して、負担のかかりにくい環境作りが大切になってきます。
 また、患者さん自身でのストレッチやエクササイズを行うことで良い姿勢が保てるようになり、パソコンでの疲労が溜まりにくいカラダ作りができます。
 ブルームカイロプラクティックは博多駅から徒歩3分という立地ですので、デスクワーカーの方がとても多いです。
 パソコンでの疲れからくる症状でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。


〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-6博多グローリービル3F
福岡市博多駅前の整体院
ブルームカイロプラクティック
http://bloom-chiro.com/
posted by bloom-chiro at 09:55| Comment(0) | カイロプラクティック関連

2012年10月25日

カイロプラクティックで肩こりを根本から改善!


A307_002.jpg

そもそも肩こりってどんな状態? 肩こりの原因って??

 肩こりとは簡単に言うと肩の筋肉が必要以上に緊張している状態です。
 頭はボーリング玉と同じくらい重たいものです。パソコンの使用や猫背などにより、頭の重心が前にずれているような姿勢の時には、重たい頭を支えるために多くのエネルギーを消費するため、首や肩にかかる負担はさらに増してしまいます。
 特に、忙しい現代人のライフスタイルにおいて、肩こりはほとんどすべての人が経験しているといっても言い過ぎではないでしょう。

肩こりの原因は一つではありません。
いくつもの原因があり、複雑に重ね合わさって起こります。


・姿勢が悪い
・PC作業
・肩を大きく動かさない生活
・運動不足
・疲れ
・眼精疲労
・精神的ストレス
・筋肉のアンバランスなど


上記の原因が肩の筋肉に過度な負担をかけています。
そのことで肩の筋肉が必要以上に緊張し、血行不良を起こすことで疲労物質が蓄積され、コリや痛みが生じるのです。



また、肩こりでよく見られるのは、頭が前に突き出て猫背のような姿勢になっていることです。
この姿勢では重たい頭を支えるために多くのエネルギーを消費します。
一度肩こりが起こると、筋肉の中の血管も締めつけられ、血液の循環が悪くなってしまいます。
すると、筋肉の緊張によって生じた疲労物質などがうまく代謝されず、さらに緊張を強めるといった悪循環が起こってしまうのです。

カイロプラクティックでの肩こりの施術

 肩こりにはカイロプラクティックが最適です。
 マッサージでも肩こりを緩和させることが出来ますが、多くの場合一時的な効果だけで根本的な改善にはなっていません。
 ブルームカイロプラクティックでは問題となっている筋肉を特定し、機能障害を起こしている関節はどこかを調べ、施術をしていくことで、良い姿勢が取りやすくなるカラダ作りをしていきます。
 つまり、背骨の状態を整え、筋肉のバランスを改善することで肩こりにならないカラダにしていくのです。慢性的な首・肩こりの症状でお悩みの方、マッサージなどでは対処しきれなくなってきた方などに、しっかり施術・アドバイスを行なってまいりますのでおススメです。

肩こりを訴えて来られる患者様は

『肩こりから頭痛や吐き気、めまいなどの症状が一緒に起こる』
『肩こりのせいで気分がスッキリせず、憂鬱な毎日を過ごしている』
『昔から肩こりで普通だと思っている』
『寝違いを何度も繰り返している』

というお悩みをお持ちですが、当院で肩こり治療を受けた多くの患者様は

『肩がスッキリして軽くなった♪』
『肩こりの原因の説明が分かりやすく理解しやすい』
『頭痛や吐き気がなくなって毎日が充実している』
『姿勢が良くなったね、と周りから言われる!』

とお喜び頂いております。

 当院は『肩こりの根本的原因から徹底改善』をモットーに肩こり治療を行っています。肩こりの原因を様々な方向からみて総合的に分析することにより原因を特定します。


-肩こりの施術回数-

 多くの場合、3回~5回の施術で肩周りの緊張が改善され肩こりを感じにくくなります。また、施術により肩こりをあまり感じなくなっても、メンテナンスとして月に1・2回は全身のバランスを整えることをお勧めしています。そうすることで、疲れがたまりにくくなり、より快適に生活を送れるようになるからです。
 患者さま一人ひとりに合わせた安全性の高い治療を行います。長年の肩こりでも諦めずに世界基準のカイロプラクティック治療を受けて、肩こりのない快適な生活を送りましょう!


肩こりの症例

38歳 女性 事務職

長年の肩こりを訴え来院

-問診-
肩こりは20年近く前からあり、マッサージや接骨院に定期的に通っている。
最近はパソコンを使う事が多く、マッサージに行っても次の日には肩こりを感じるようになってきた。
症状は夕方になるにつれ悪化し、お風呂に入ったり睡眠をしっかりとると楽になるが、肩こりを感じない日ない。
ひどい時は肩甲骨の間もこってきて痛くなることもあり、頭痛になることもある。
自分では運動不足が原因だと感じている。

-検査-
・頭が前に突き出た姿勢になっている(クレーンネック)
・肩周りの筋肉(僧帽筋・肩甲拳筋・板状筋・斜角筋)に過度な緊張
・首を前や左右に倒すと首の後ろの筋肉に張りを感じる
・肩甲骨の間の筋肉(菱形筋)に硬結があり、それを押すと痛みが広がる

-原因-
この患者様の場合、パソコン業務などの日常生活の負担もありますが、一番の原因は不良姿勢にありました。
頭が前に突き出ると、首・肩の筋肉の負担がかかってしまいます。
この不良姿勢をしっかりと改善しない限り、マッサージなどに行ってもすぐに戻ってしまいます。
また、運動不足も筋力低下を招き、血流を低下させますので、一つの原因となっていると考えられます。

-経過-
 筋肉の緩和(肩周りの筋肉を手で緩めていきます)、肩甲骨の動きの改善(肩甲骨がスムーズに動くようにしていきます)、ストレッチ(緊張し縮こまっている筋肉を伸ばしていきます)頚椎の矯正(矯正を加えることで、関節のズレを正しい位置に戻すと同時に、関節の可動域を改善します)を行いました。
 上記の施術を週に一回のペースで継続的に行い、自宅や職場でもできるストレッチを教えました。その結果、長年あった肩こりは大きく改善され、マッサージに行くことはなくなりました。
 現在は、カラダのメンテナンスや疲労回復に月に1、2回の頻度で来院されています。

-コメント-
ブルームカイロプラクティックではコリや痛みを感じているところだけでなく、
首の前の筋肉、肩甲骨の可動性、背骨の連動性など全身のバランスを診ながらアプローチしていきます。
筋肉の緊張を緩め、関節に刺激を与えて、姿勢を改善していくことが肩こりの改善・予防になります!


〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-6
博多グローリービル3F
肩こりの改善ならブルームカイロプラクティック
http://bloom-chiro.com/山口康太
posted by bloom-chiro at 08:15| Comment(0) | カイロプラクティック関連